BLOGブログ

すべてall

お供えの花

2019/02/10

お供えのお花をプリザーブドフラワーでと、

ご要望いただくことも珍しくないのですが、

 

このときのお花も、私にとって、

忘れられないものでした。

 

結城様_淳子叔母お供え3

 

突然喪主となられ、茫然とされる中、

生花のお世話にも追われることもあるようで、

 

そんななか、一つのプリザーブドフラワーに救われた、

と言われたことがありました。

 

結城様_淳子叔母お供え2018

 

一般的には、お供えは、造花ではなく生花で、と考えられていると思います。

 

プリザーブドフラワーは、本物のお花ではあるのですが、特殊加工をしており、

昔から存在していたわけではないので、

その活用法は、現代の私たちで考えるしかありません。

 

私にできることは、

せめて、贈る方、贈られる方のお気持ちに寄り添い、

心を込めることだと思っています。

 

同じように、こちらもお供えのお花となりました。

 

平尾様_お供え

 

お花の顔や向き。葉の入れ方。

細部に気を配り、

寂しいけれど、

ご遺影の周りに少しの色を添えられたらと

思っています。