BLOGブログ

すべてall

フレームアレンジ_レッスン

2019/08/04

紙製の箱ではなく、木製などのフレームを使った、

いわゆるフレームアレンジは、

紙製のボックスアレンジよりも華やかに演出しやすい気がしますが、

 

やはり、立体的なアレンジに比べると、

平たい一面だけで表現しなければならない点で、

意外と難しいです。

 

でも、水を使わずに済むプリザーブドならではの特性も加わり、

お部屋では「壁掛け」として使えるので、

場所を取ることなく、インテリアとしての活用の幅が広がります。

 

DSC_1005

 

スタイルコースでのフレームアレンジ。

最後に入れた一枚の葉により

単調的なデザインにスパイスが加わり、

印象的でした。

 

清水りえこさん_スタイル_フレーム

 

こちらは、以前デザインクラスにて使用したフレームをお持ちになって、

お花自体は古くなったため、

中身を全て新しくされました。

お花は勿論、デザインも新しく。

 

藤平さんリメイク

 

器やフレームは、半永久的に使えるため、

捨てずに再利用して下さるのは、とても嬉しいです。

 

プリザーブドフラワーは、あくまでも花なので、

2年間ほど飾っていただいた後は、

是非、器のみお持ちになって、

新しいお花と新しいアイディアで、再挑戦いただけると、

お久しぶりの方のお顔も拝見できたりで、

二重に嬉しく思います。