ABOUTバンブーサラについて

“ flower design Bamboo SALAとは ”

Bamboo SALAは、東京・吉祥寺の井の頭公園近くにて、主にプリザーブドフラワー(本物でありながら、長期間保存可能な花)を使い、上質かつ存在感のあるアレンジメントで、お客様お一人おひとりの想いを形にするデザインを追求しております。ギフト制作、ディスプレイの受注、レッスンの開催など、プリザーブドフラワーアレンジメントの事なら何でも、ご相談ください。また、アーティフィシャルフラワー(上質な造花)を用いての、店舗ディスプレイ(レンタル)も承っております。ご相談くださいませ。

主宰者プロフィール

湯澤悦子          2008年日本プリザーブドフラワー協会(JPFA)ディプロマ取得。2012年9月より、西武百貨店本店「プレシャスプリザーブド」様、恵比寿三越様クリスマス催事、銀座三越様正月催事への出品等、商品企画、制作を開始。2013年7月よりBamboo SALAを運営開始、自宅でのレッスン開催。2015年よりJPFA認定教室として資格取得講座開講。2016年横浜そごう様「母の日フェア」催事に出品。各種コンテスト入選(2011年JPFAデザインコンテスト。2012年JPFA記念日の花コンテスト。2014年国際フラワーEXPO第1回フラワーデザインコンテスト。2015年JFS第1回フラワーデザインコンテスト他)。雑誌にて作品掲載(2016年2017年「ベストフラワーアレンジメント」2016年2017年2018年「プリフラ」)青山学院大学経済学部卒。

“Bamboo sala”は、竹が立ち並び、自然光あふれる自宅の一室。

Bamboo(バンブー)は竹。
SALA(サラ)は、その女性的な響きに憧れて付けた言葉ではありますが、
「部屋」を表す言語もあるようです。
「大きな部屋」ともなると、Salon(サロン)になるそうです。

井の頭公園の緑に恵まれたSALA。
笑顔が集まり、心温まるSALA。

052

この地から、沢山のお花とともに、幸せを発信することができますように。

お花を通じて、皆様との素敵な出会いを、
楽しみにお待ちしております。

バンブーサラ主宰
湯澤悦子